昨日は、ノリノリで踊って、夢の世界を楽しんできました。

 

 

まさに、令和の「れい」にレイパーカー!?

昨年12月、新聞のbillboardの広告に、思わず目が留まり。。。

当時、大好きでよく聴いていたレイパーカーJRが来日公演するということで

行きたい!衝動にかられ、ダメ元で荒井依里ちゃんを誘ってみました。

 

この入口から、ワクワクさせてくれます。

 

リアルで私が聴いていたのが20歳前後、当時、DISCOでもよくかかっていて。

私より10歳下なので、まだランドセルを背負っていた小学生!?ですが、

「なんか素敵~私の知らない世界だわ~行って見ようかな」と

快く承諾してくれて、即予約したのです。

それからというもの、毎日CDを流していました。

 

8年?ぶり、今回が2度目のbillboard LIVE

ガラスの向こうには、六本木の夜景が見えてオシャレな場所です。

 

普段お酒は飲まない私も、若かりし日を思い出し、モスコミュールで乾杯!

 

予約した席は、少し後ろの方のでしたが、

受付で、前のお席が空いているのでいかがですか?と勧められ

実際に座って確認してから、少し斜めから見る感じになりますが、

空間があり、踊りやすい?と、変更して正解でした。

 

音楽は人に感動を与えてくれます。

 

あのレイパーカー様が登場してきて、興奮MAX状態の私。。。

オープンイングは、『JACK AND JILL』

現在65歳、カッコいいギター演奏と素敵な歌声、

流石は、ギターリストだけあって、ソロのギターは聴き惚れちゃいます

 

当時DISCOでも、かかっていた『IT’S TIME TO PARTY NOW』が

かかると、もう私もじっとしてはいられず。。。

そのうち全員総立ちになり、会場も大盛り上がりでした。

 

若い方には『GHOSTBUSTERS』の方と言ったら、わかるかもしれませんね。

こちらの曲は、アンコールで披露されました、

 

私はやっぱり、あの名曲『A WOMAN NEEDS LOVE 』

こちらは、1981年の曲なので、私が18歳の時。

この曲を最初に聴いた時、ビビッときたのを思い出しますね。

ミドルデンポの甘い歌声がセクシーで、まさにメロウな大好きな曲でした。

当時は、まだカセットテープでよく聴いていたものです。

 

この後、WOMAN3部作で、“THE OTHER WOMAN” “WOMAN OUT OF CONTROL”と

アルバムを発表、のちにCDを買うことになりました。

 

残念ながら、昨日は演奏されなかったですが、

私が好きなもう一つの曲が『THAT OLD SONG』(1981年)

この曲を聴くと、なぜだか、20代の楽しかった思い出が走馬灯のように蘇って

涙がでてきてしまいます。。。

 

『IT’S OUR OWN AFFAIR』(1982年)も、絡みつくようなハスキーボイスのバラードで好きな曲。

 

舞台後ろのスクリーンには、今までのアルバムジャケットや

若かりし頃のお姿の写真が沢山でてきて、それもまた良かったな。

 

「楽しかったね~」と興奮冷めやまない私。

絶対暑くなるからと、ノースリーブにしましたが、タートルでは暑かった。

次回は、Tシャツにしよう!

かなり燃えたせいか、電車の中でダウンを脱ぎたくなるほど暑くて、、、

でも、地元の駅について、外はこんなにも寒いんだとビックリ!

 

たまには、非日常的な空間へ行くのもいいですね。

 

千葉まで帰る電車の時間を考えて、早めの1stステージをチョイスしましたが、

2ndステージの後は、サイン会もあったようで、残念、、、

来年もし、また来日したら、今度は2ndステージを取ろう!と思った次第です。

 

あの頃の懐かしい曲を沢山聴けて幸せな時間でした。

舞台を降りてきて、握手もして下さり、嬉しくて。。。

レイパーカー様、感動をありがとうございました!

いつまでも、お元気で素敵な歌声を聴かせて下さいませ。

新しいアルバムも出されたようで、チェックしなくちゃ!

 

二人が大好きなファッションのことはまた。。。