ようやく『緊急事態宣言』が、解除になりました。

と言っても、すぐには元のような生活には戻れるわけではないので、

これからも気を緩めずに、しっかり対策をしていかなければなりませんね

 

ここ数カ月、ペットボトルの蓋が空けづらく、筋力も落ちたのかな?と。

実は、ひと月ほど前から、左手首に違和感があり、次第に痛みがひどくなってきたので、

整形外科を受診をしたところ、やはり腱鞘炎と。。。

 

病院にかかる前から、このように一日湿布をしていましたが、

なかなか痛みはとれなくて、、、日常、全く使わないわけにもいかないし。

腱鞘炎になるのは、今回で二度目。

最初は、娘を出産後に、あの時も確か左手だったような。

布おむつで育てようと決め、日に20枚ほど、手で洗っては絞りの繰り返しが原因?

あの頃は、私も20代と若かったので、回復も早かったのかもしれませんね。

今回は、特に捻ったとか、何かしたわけではないですが、

更年期の女性にも起こることが多いとか。。。

最悪、注射で改善されるとのこと、でも、かなり痛いらしい。

今回は、怖くて見送り様子をみることにしました。

 

今回のことでふと思ったのですが、

私は、字を書く、包丁を持つ、ボールを投げるなど右手ですが、

昔から、トランプを切る、蓋を開ける、冷蔵庫を開ける、水道の蛇口をあける等々

また、腕を組んだり、両手を握るのも左手が上にきていたりと。

普通、右利きの人が右手ですることを、

無意識のうちに、かなり左手でしていることに気づきました。

私の弟は、小さい頃、左利きで、途中で直されているので、

もしかしたら、私も元々は左利きだったのかも!?

 

また、

いつか治るだろう。。。とずっとほっておいた肩の痛み。

五十肩を経験した人も皆「そのうち治るよ!」と、その言葉を信じていたのに。。。

初めは左だけでしたが、そのうち右もなり、手は上がるようにはなりましたが、

すでに、あれから一年半、後ろに手が回らなくて不自由な生活を送っています。

下着はもちろん、ファスナーのある服は、一人では脱ぎ着できません。

 

この際なのでと、両肩も一緒に診てもらい、レントゲンを撮り、

診断結果は、やはり五十肩、正式名称は、肩関節周囲炎とのこと。

もっと早く、きちんと診せておけば、こんなにひどくならずに済んだかと。

今までもそうでしたが、じっとしていて痛いわけではないので、

ついつい、いつも後回しにしていたこと悔やまれます。

 

ここまで長いと、なかなかすぐには治らないようなので、リハビリも必要のよう。

お薬や、注射一本で簡単に治ればいいのにな~

今まで、私自身、所謂“更年期”というものを全く感じなかったけれど、

私にとっては、こういったことがそうなのかも???

 

体のどこかがおかしいと、気分もすぐれません、まして今はコロナもあって。

体だけは丈夫と思っていましたが、やはり年には勝てないのでしょうか。

しかし、80過ぎた母の方は、私より全然元気です!

先程も「これから体操に行ってくるわ~」とLINEが届きました。

元気でいてくれることが何よりですね!