ぽかぽか陽気に誘われて、電車に乗って久しぶりに両国へ。

 

両国と言えばお相撲、お相撲と言えば土俵ですよね~ということで、

駅からすぐの『両国江戸NOREN』へ。

 

江戸の町屋をイメージした吹き抜けの空間の館内。

 

直径4mちょっと、本物と同じ大きさの土俵、意外と小さく感じました。

 

お昼も回っていて、お腹もペコペコで頂いたのは。。。

こちらの2階にあります『築地食堂 源ちゃん』の旨味源ちゃん丼

 

マグロや白身、タコなどが入った海鮮丼に松前漬けや天かすがのっていて、

まずは卵をくずし、出汁醤油で、そのあと、特製ウニとろろをかけて頂きます。

サクサクした天かすが、なかなかいい仕事をしていて美味しかったです!

 

お腹が満たされた後は。。。

何年かぶりに、回向院へ。

 

立派な大きないちょうの木。

 

以前、母と来た時は、善光寺の御開帳の時?で、建物の中を見学できました。

 

今回は、御朱印を頂いてきました。

 

奥へ進んで行きますと。。。

女性二人が、一生懸命に小石で大きな石を叩いていて、何だろう?と。

 

鼠小僧次郎吉の墓の破片は、願い事が叶うようなので、

私も、ご利益を得ようと石を叩いて、こんな感じで削って持ち帰ってきました。

こうして、紙に包んでお守りの中にでも入れておこうと思います。

 

その後は、国技館の前を通り、旧安田庭園をぐるっと一回り。

池を中心に、とても美しい景観でした。

 

庭園のすぐそばには。。。

あっ!下が下に落ちてる!?

ドラマや映画でも、よく使われているお店『下総屋食堂』

実はこちらへ行きたかったのですが、日曜、祭日はお休みのようで残念、、、

昭和の香りが漂う、このレトロ感が堪らないですね!

 

次の目的地は。。。

明治42年創業の『浪花家』へ。

こうして、昔からの道具で、一つ一つ丁寧に焼いています。

 

一つ一つ丁寧に焼かれていて、皮はうすくてパリパリ

しっぽまで、ほど良い甘さのあんこが詰まって美味しかったです!

 

場所中だと、力士の姿も間近で見ることができる両国。

OL時代には、皆とちゃんこ鍋を食べに行った思い出も。

また、久しぶりにあの頃の仲間とワイワイやりたいな~

 

お散歩には、楽なスエットにスニーカースタイルが一番!

 

おまけ。

以前、お着物を着て、皆さんとこちらにお出掛けした時は、

今と違って、土俵を囲んでお食事が出来る場所でした。